第二回1000年ブランドまつりを開催しました!

令和2年11月1日、第2回1000年ブランドまつりが開催されました。今回はコロナの影響により、完全オンラインで東京大学の弥生キャンパスより配信しました。

テーマは「日本の老舗企業が世界を導く」。

船橋屋8代目当主の渡辺社長、昨年よりさらにサービスが進化し、コロナ禍でも業績アップ。一切迷いなく前進する、力強さを感じました。

能楽師の武田先生の舞と謡いは、何度見てもすごい振動と迫力。能の起源や承継する心得は驚きの反響が大きかったです。

研究者の山口周さんのお話は眼から鱗。データも活かした説得力や深みがあり、生きる価値と見つけるための「問い」や「意味」という視点が斬新でした。

専念睦会の実践例として、ディスカッションに参加していただけた、クロスランゲージの福田社長、おいしいミルクパンの金子社長もありがとうございました。「あり方」プロジェクトでは、このまま何も定まらないんじゃないかと思う時があったとのコメントに、現場で質問をしたかったとの声もいただいています。とてもリアルに経営者の葛藤をお話しいただきました。

おかげさまで、終了直後から「よかったー」「もう1回無編集でオープニングからすべてみたい!」「能を観に行きます」「コロナを言い訳にしてた自分に気づいた。恥ずかしい」「自分たちの存在する意味を考え続けます」「登壇なさる方、それぞれの言葉がグサグサきました」「専念睦会、やりたい!と思いました」などドシドシとご感想メッセージが届きました。

ただいま、ご参加いただいた方への録画視聴の準備を進めています。配信準備が整い次第、ご参加の方々にお知らせをいたします。

ダウンロード

日本習合論

コモンの再生

PAGE TOP