第3回1000年ブランドまつりの研究者の登壇は、内田樹氏です!

第3回1000年ブランドまつりの準備が着々と進んでいますが、研究者枠のご登壇は、人気の作家の「内田樹氏」に決まりました!

専門は哲学、武道論、教育論など。主著に『ためらいの倫理学』、『レヴィナスと愛の現象学』、『私家版・ユダヤ文化論』、『日本辺境論』ほか。

第六回小林秀雄賞、2010年新書大賞、第三回伊丹十三賞を受賞。

近著に『コモンの再生』(文藝春秋)、『日本習合論』(ミシマ社)、『武道論』(河出書房新社)など。

講演テーマは「後退戦を戦うマインド」。
高度成長期からバブル崩壊、人口減少、そしてウィズコロナの時代となり、必ずしも右肩上がりの成長ができない環境となっています。

その中で企業はいかに戦っていくのか?講演内容がたのしみ過ぎます!

ダウンロード

日本習合論

コモンの再生

PAGE TOP